最近の感染症について

今週の感染症について(2018年2月第4週:2/19-2/24)

  • インフルエンザはB型が相変わらず出ていますが、横ばいからやや減でしょうか。今年は保育所での感染が学校ほど目立たないのはきちんと登園制限するからでしょうか。
  • 胃腸炎、溶連菌感染症も少ないですがいます。
  • 鼻風邪の乳児が増えてきた感じですが、RSウイルスは出ないです。
  • 花粉症の症状が出始めてきています。花粉対策しましょう。

感染症について(2018年2月第3週:2/13-2/18)

  • インフルエンザはB型がほとんどでしたが、A型も少し出てきています。
  • 胃腸炎も少ないながらいました。
  • 溶連菌もいて、インフルエンザと紛らわしい子もいました。
  • 18日の当番ではインフルエンザが40名、検査も59名ほどしました。疲れた。

感染症について(2018年2月第2週:2/5-2/10)

  • インフルエンザは先週と横ばいですが、やはりB型がほとんどです。
  • 胃腸炎はいませんでしたが、雪で受診制限がかかっていたので?です。
  • 溶連菌やアデノもいました。
  • またRSの5か月児がいて吸入吸引していますが、その兄弟がハナあり、元気なので登園してます。拡がらなければいいですが。

感染症について(2018年2月第1週:1/29-2/3)

  • インフルエンザはほとんどがB型でした。数は横ばいですが、流行っている学校は少しずつ変わってきています。行事ごとでもらう例が多いです。参観日や学芸会はこの時期やめて欲しいです。
  • 胃腸炎は増えつつあるでしょうか。
  • 溶連菌感染症も変わらずいます。

感染症について(2018年1月第4週:1/22-1/27)

  • インフルエンザは多いですが、先週から考えると横ばいからやや減です。やはりA型よりB型が4倍多いです。
  • 溶連菌感染症がまた増えてきたのとアデノウイルスによる扁桃炎もいました。
  • 胃腸炎は下火ですがいます。
  • ヘルパンギーナののどをした子が一人いました。下肢にも皮疹が出てましたので夏風邪のウイルス感染でいいのでしょう。

感染症について(2018年1月第3週:1/15-1/20)

  • インフルエンザがピークです。B型が多くて熱も高くなく元気な子もいて検査で引っかかるのみで元気なインフルエンザの子が感染を拡げているのでしょうか。A型:B型は1:4でしょうか。
  • 胃腸炎は減ってきています。
  • 溶連菌感染症も減ってます。
  • 来週はどうなるでしょうか。


これまでの記事(2010年6月-12月、2011年1-12月、2012年1-12月、2013年1-12月)、2014年1-12月、2015年1-12月、2016年1-12月、2017年1-12月は、2018年1月はこちらです。

熱いよ。しっかり冷やそう・水分とろう。

症状の対応・パンフレットなど

パンフレット当院で使用しているパンフレットを提示します。

  1. 経口補水療法:嘔吐や下痢、食欲低下しているときの水分補充の要点
  2. 便秘:便秘で治療をしている子に渡してますが、治療してない子もみてください。
  3. 熱性けいれん:熱性けいれんでダイアップ座薬を使用している子に渡しています。
  4. 頭部打撲:頭をぶつけた子に渡しています。
  5. 解熱剤の使用について:発熱の対応や解熱剤の使用法を載せています。
  6. 学校において予防すべき感染症:出校停止の基準など。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

過去病気について保存のページ

  1. 手足口病
  2. ヘルパンギーナ
  3. 虫さされ
  4. とびひ
  5. 汗疹:あせも
  6. 夏風邪について
  7. じんましん
  8. 溶連菌感染症
  9. インフルエンザ
  10. 嘔吐下痢症
  11. RSウイルス感染症
  12. 冬なのにはプール熱
  13. 乾燥肌・かゆみ肌
  14. おたふくかぜ


▲ページトップへ